第11回中部MISt研究会

謹啓 新春の候、皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
第11回中部MISt研究会会長を務めさせていただきます高岡市民病院の中野正人と申します。
第11回中部MISt研究会のご案内をさせていただきます。

日本MISt研究会石井会長より報告していただきました通り、2019年2月16日(土)9:00~18:00 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)で開催される第10回日本MISt学会は諸事情により延期となり、第11回中部MISt研究会として同日開催することとなりました。
日本MISt研究会が本年度より学会となる節目の年であり、中部MIStとしても今後の方向性を決めるうえで重要な会となります。
既に第10回日本MISt学会として演題登録をしていただきました先生方も可能な限りそのままご発表をいただき意見交換をしていただければ幸いです。
演題登録画面、宿泊の申し込み方法などもそのまま引き継ぎとなっておりますが、ご疑問の点がありましたら、中部MISt研究会事務局まで直接ご連絡ください。

※演題募集は1月11日(金)まで延長いたします。下記URLよりお申込みください。
http://mist10.umin.ne.jp/abstracts.html

平成最後の31年2月15日(金)犬山市(症例検討会)、& 16日(土)名古屋市(本会・ハンズオン)での開催です。
未だ肌寒い季節の開催となりますが,症例検討会&本音会は歴史ある情緒豊かな老舗ホテル 名鉄犬山ホテルで行います。

いつものように中部MIStの熱い症例検討会と今回日本MISt幹事会より参加していただく著名な先生方からの他では聞けないミニレクチャーをご用意いただく予定ですので若手からベテランの脊椎外科医、コ・メディカルまで幅広く御参加下さい。もちろん温泉でゆっくりしていただき、ホテルに近接する大変美しい国宝犬山城を散策(ランニング?)していただくのもお勧めです。

16日(土)は名古屋駅前会場までバスで移動いただき、研究会本会、ハンズオンセミナーとなります。
今回は、通常のMISt関連一般演題、症例提示募集に加え、コ・メディカルを対象とした演題の募集も行っています。名古屋駅からすぐの立地条件ですので全国各地からの応援演題も大歓迎です。

日本MISt研究会が本年度より学会となるのを記念して、特別講演は第10回日本MISt学会の会長を神戸で予定されている神戸赤十字病院 整形外科 部長 伊藤 康夫先生にお願いしました。先生の豊富な脊椎外傷経験、MIStの応用についてご講演いただけるものと期待しております。
ランチョンセミナーは、筑波大学医学医療系 整形外科の安部 哲哉先生に「側方椎体間固定術における人工骨の有用性」についてご講演いいただく予定です。

さらに中部MISt研究会で最も力を入れているハンズオンセミナーや若手医師、スタッフの教育に関連して講演、企画を考えておりますので、病院スタッフをお誘いあわせの上ご参加ください。その他の講演、看護師(若手医師)対象ハンズオンセミナーの詳細については追ってご連絡させていただきます。

ご案内が大変遅くなりまして誠に恐縮でございますが、何卒ご参加頂けますよう宜しくお願い致します。

第11回中部MISt研究会
会 長 中野 正人(高岡市民病院)

中部MISt研究会事務局(はちや整形外科病院内)
TEL: 052-751-8197 FAX: 052-751-8169
E-mail: mist_central@hachiya.or.jp
Web: http://mist10.umin.ne.jp/