中四国MISt研究会 会則

(総則・名称)
第1条 本会は、中四国MISt(minimally invasive spine stabilization)研究会と称する。

(目的)
第2条 中四国MISt研究会は会員の低侵襲脊椎安定術における手術手技の向上と新たな
    手術法の開発をはかり、医学の発展への寄与、地域社会に貢献することを目的と
    する。併せて各病院、医院間と研究機関との情報交換を行い、脊椎低侵襲固定・
    制動術の領域の診断、治療における連携の円滑をはかり、広く情報を収集し会員
    の知識を高めるものする。

(事業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するために次に掲げる事業を行う。
     (1)脊椎外科領域の脊椎背髄疾患の研究活動及び啓蒙活動
     (2)学術集会、研究会等の開催
     (3)技術習得のための講習会等の適宜開催
     (4)国内外の関連学術団体との研究協力と連携
     (5)その他、本会の目的を達成するために必要な事業

(会員)
第4条 中四国MISt研究会の目的のために賛同した低侵襲脊椎安定術の診断および治療、
臨床研究に関心を持つ医師とする。

(役員)
第5条 本会に、次の役員を置く。
     代表幹事  1名
     世話人   若干名
     庶務・会計 1名
     監査    1名

(幹事会)
第6条 本会に幹事会を置く。
     (1)幹事会はすべての幹事をもって構成する。
     (2)代表幹事は幹事会を招集し、会の事業運営について審議する。
     (3)幹事会は原則研究会開催当日の直前に開催する。

(研究会)
第7条  (1)研究会は年1−3回開催し、開催地、日時は幹事会で決定される。
     (2)研究会で発表するものは、本会の趣旨に添ったものとする。
     (3)研究会では参加費1,000円を徴収する。

(会計)
第8条  (1)本会の経費は、会費およびその他の収入をもってこれに充てる。
     (2)幹事のうち1名を会計責任者とする。
     (3)本会の会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

(事務局)
第9条  (1)事務局は代表世話人のもとに、研究会の運営に必要な諸事務を行う。
     (2)本会の事務局を岡山大学整形外科内におく。

(定めのない条項)
第10条 本会則の改正は、幹事会の議を経て、総会の承認を受けるものとする。

(付則)
本会則は平成24年9月29日より施行する。
    (平成26年4月1日改正)
    (平成28年4月1日改正)
    (平成29年5月1日改正)

【役員名簿】
代表幹事   岡山労災病院   整形外科     田中 雅人

幹  事(50音順)
       福山医療センター 整形外科     甲斐 信生
       岡山医療センター 整形外科     竹内 一裕
       広島大学     整形外科     田中 信弘
       徳島市民病院   整形外科     千川 隆志
       高知医療センター 整形外科     時岡 孝光

世 話 人(50音順)
       香川労災病院   整形外科     荒瀧 慎也
       香川県立中央病院 整形外科     生熊 久敬
       浜田医療センター 整形外科     柿丸 裕之
       徳島大学     整形外科     酒井 紀典
       鳥取大学     整形外科     谷島 伸二
       川崎医科大学   整形外科     中西 一夫
       呉医療センター  整形外科     濱﨑 貴彦
       岡山大学     整形外科     三澤 治夫
       JA広島総合病院  整形外科     山田 清貴

・庶務・会計 岡山大学     整形外科     塩崎 泰之
・監査    岡山医療センター 整形外科     廣瀬 友彦