第12回関東MISt研究会



【NEW! 2019.01.07】一般演題登録を2019年1月10日まで延長いたしました。
          ご案内はこちらをご覧ください


新春の候、先生方におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
2019年3月9日(土)に予定しております、第12回関東MISt研究会の再アナウンスをさせて頂きます。

第12回となります本研究会では、一般演題は学会形式の発表にとわられず、MISt手技に関連する手術手技上の工夫、合併症やサルベージなど研究会ならではの演題を広く募集したいと思います。
今回も優秀な演題にはBest Paper Award授与を予定しています。ご応募いただける先生は、1月10日(木)まで一般演題申し込みシートにご記載のうえ、 事務局:mist20190309@gmail.comまでご送付ください。

基調講演では、船橋整形外科病院 整形外科 小島 敦先生より骨粗鬆症性椎体折に対する経皮的形成術の限界と工夫についてご講演を頂きます。
特別講演では、最新の手術方法であるPETLIF(ペトリフ :経皮的内視鏡下 LIF )の開発Drである、我汝会さっぽろ病院 整形外科 長濱賢先生より、PETLIFの開発の経緯と、MISt手技についてご講演を頂きます。

また今回はいつも通りのナースコースではなく、若手医師対象のレジデントコースを行います。対象は主に初期研修医、整形外科後期研修医としております。レジデントコースは国立病院機構村山医療センター松川啓太朗先生に監修していただきます。PPSのみならずCBT、LIFを含めた充実した講義とハンズオンを予定しております。募集は改めましてご連絡させていただきます。

皆様方のご参加を心よりお待ちしています。

第11回関東MISt研究会 開催概要

日 時:2019年3月9日(土) 14:00~18:00
場 所:慶應義塾大学 三田キャンパス 東館7階 G-Lab
     〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 TEL.03-5427-1517


●ご案内はこちら

第12回関東MISt研究会
当番幹事:岡田 英次朗
(慶應義塾大学整形外科)